上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
だるぅーん

A100_20130210230704.jpg



このポアポアを両手で包んで
♪ソフトおにぎりー!!にっぎにっぎにっぎにっぎソフトおにぎりー♪

と、歌いながらニギニギしてます (o´m`)。+゚ムフフ

ココアもゴロゴロ言って喜んでるっぽいんですよ

あぁ〜んまたニギニギしたくなって来た (*´Д`*)ハァハァ


ポチっと押して応援してもらえると嬉しいですぶり


にほんブログ村 猫ブログ 親子猫へ
にほんブログ村

携帯の方はコチラをお願いしまっす→猫ブログランキング

ヾ(*´∀`*)ノ アリガトゴザイマス




熱血バレー部員はちみの入部を待っているっ(*`◇´*)/
↓  はい、ぽっちん
アタックニャンバー1
アタックニャンバー1☆



36歳
今年は小厄年の後厄だとか・・・ 
今まで信じてこなかったけど、イヤなことが続いてます

また猫と関係ないお話なのですが、かなり大変な目にあいました




先日Tが泥酔状態になり目の前で呼吸が止まり救急車を呼ぶ事になりました
先に言っておきます。Tは今、元気です


一緒に呑んでいたわけではなく、私は別の用事で出かけており
Tは来客があり昼から呑んでいて、何度か電話で飲み過ぎるんじゃないよと釘をさしていたのですが
夜の10時ぐらいにタクシーで帰る途中電話をすると電話に出て、今下にいるけど体がいう事きかないと
ろれつの回らない話し方で答えてきました

偶然帰る時間が一緒になったんです

Tはマンションの一階のオートロックの前で、ベロベロの状態で壁に手をつき立っていました
私の顔をみると、体がいう事聞かないんだ〜とかなんとかいってましたが
目の焦点が合わず凄くお酒臭かったんです


私が支えて、エレベーターに乗せ、部屋までの廊下を腕を組んで歩いていたのですが
廊下が長く両手に大荷物のだったので、ゆっくりふらふらするTを支えるのがつらく
先に荷物玄関に置いてくるから、待っててと、Tを置いて走って部屋に行き荷物を玄関に置いてTのいる廊下に急いでもどりました

するとほんの一瞬なのにTが廊下の真ん中で大の字になって寝転がって鼾というか寝息を立てていました

なにやってるの!と起して部屋まで連れて行く事を考えたら本当に面倒くさくて
ぷんぷん怒ってTを起そうとしたら、息が止まったんです


いつもの無呼吸かと思って、ほら、息とまってるよ!と体を強く揺すりました
いつもなら、すぐに深呼吸して息をするのですが、その時は全くそんな様子がなく
慌てた私は思いっきりビンタをしたり何度も大声で名前を呼んだり強く体をゆすったりしたのですが
全くだめで、Tも苦しそうにし始めました
パニックになりながら携帯電話で救急車を呼ぼうとしましたが、スマフォの通話を押してからダイアルボタンにするやり方に手間取りました

通話を押すと履歴になり、ほとんどをその画面内ですませていて、普段からダイアル画面にする時にどうやるんだっけ?となっていたのですが、パニックになっているともっともっと分からなくなります


それに、110か119かも一瞬パニックで分からなくなりました

119と押して住所や状況を説明するとTを横向きにして下さいと指示をもらい
携帯をスピーカーにし、床に置いてTを横向きにさせました
兎に角、体が重く横向きにするのもとても大変でした

すると呼吸が戻り、また寝息をたてはじめました

救急車が来るまでTの様子を見てて下さいと言われTの顔を正座した膝に乗せ様子を見ていました
その時は順調に呼吸をしていました

もう、大丈夫だと思った瞬間に、玄関に置いた買い物袋の事を思い出しました
ココアはビニールを食べてしまうのにほったらかしにしている事に気がつき
大量にビニールを誤飲してしまう可能性があり青ざめました

Tの様子をみると呼吸してるし、とりあえず荷物をトイレに入れて、走って戻ってこようと一度部屋に戻って荷物をトイレに入れ、急いでTの元に戻りました 

その時間は10秒もなかったと思います

でも、戻るとまたTの呼吸が止まってしまって

揺すっても叩いても口に指を突っ込んでもなにをしても息を吹き返す事がなく目も口も半開きで、よくドラマや映画で死んで行く演技がありますがまさにその状態になり、また119に電話しました

耳を口元に近づけて5秒声にだして数えてその間息をしてないか確認してくださいと言われ
5秒数えて確認しましたが息をせず、お腹も胸も上下に動いていないと伝えると
人工呼吸のやり方を教えると言われ、また携帯をスピーカーに床に携帯を置いて仰向けにしました

すると短くグっとかヒッとか一息 呼吸をしたり止まったりしました

その度に、あ、息したかも、あ、やっぱりしてないですとパニック

名前を叫んでビンタしたり人工呼吸をしようとしたりしましたが

目を半開きにして涙目になりながら右手が変な形で硬直して行くT

救急車のサイレンは聞こえて来るのになかなか到着しない救急隊員

Tは目の前で死んで行くんだと思い、怖くてたまりませんでした
ようやく救急隊員が到着しました

救急車が到着するまでに電話してから7分ぐらいかかったようです

よく聞くとは思いますが恐ろしく長い時間に感じました


救急隊員はTに呼びかけ、意識ないかな?手を握り、こちらの手握れますか?と呼びかけてました
すると、あ、握れるね、じゃあコチラの手にぎれますか?握れますね、意識ありますねと確認して行ってくれました

救急隊員が来た事で安心し、Tも意識も呼吸も取り戻したので部屋に保険証やらお金やらを取りに戻る許可をもらい、もしかしたら一晩開ける事になるかもしれないので猫の餌や所在の確認をしてからまたTのもとに戻りました

すると自分で上半身を起しましたよと救急隊員が教えてくれたのですが
いつもの酔っぱらいのお調子者のように戻っていました

本人が意識を戻すと本人の承諾がないと病院に向かう事が出来ないようなのですが
なかなか行くと言わないTをなだめて説得しようやく病院に連れて行ってもらう事が出来ました


しかも先日私が動脈瘤と診断された同じ病院に・・・


着いてからもめんどくさい酔っぱらいに戻って大変でした

MRI,MRA,血液検査の結果どこにも異常は見られませんでした

ただ、首の骨が細い上に一部が極端に細い事を告げられました
先生に一回でも転んだりして強い衝撃を与えると四肢麻痺になるかもと言われました

酔っぱらって冬道を歩くなんて自殺行為


呼吸が止まったのは

アルコールは脳を麻痺させる性質を持っている。アルコールを摂取すると麻痺は大脳辺縁部から呼吸や心臓の働きを制御する脳幹部にまで進み、最終的には生命維持にかかわる脳の中枢部分までもを麻痺させてしまい、呼吸機能や心拍機能を停止させて死に至る。  Wikipediaより 


死ぬ一歩手前だった

呑んだら、呑まれてしまうまで呑む事が多くなって来たT
弱くなったともいいますが・・

次に一回でも深酒したら猫達のパパをやめてもらう事に決めました

今回の事でTが深酒をやめてくれる事を祈るしかありません・・・


こんな状況になる事はそうそうないと思いますが
スマフォの方、ダイアル画面にぱっと行ける様にしておくといいですよ〜 (T-T)

あと、呼吸してない場合は横にしてみてください

本当にこんな目に遭う事がないのがいいんですけどね

病気や不慮の事故じゃない急性アルコール中毒で救急車を呼ぶなんて迷惑過ぎます








秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。