FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
ブログはほとんど放置してしまって3年ぶりの更新になります
Instagramではちょくちょくみんにゃの写真をアップしています

よろしければ

mimicocogin

で検索してみてください


みんにゃ元気です。とご報告したいところですが
ギンちゃん2017年 2月28日虹の橋に旅立ちました

今日の更新はInstagramはやっています〜と軽くお知らせ更新のつもりでしたが
ちょっとギンちゃんの事を書きたいと思います


あと2週間で20歳でした
とても長い年月一緒にいてくれたことに感謝しかありません
しかも人類誰もが憧れるであろう人生の最後はこうでありたいという!  ←大袈裟
ピンピンコロリだったギンちゃん
昼間も何も変わらなく穏やかに食べて飲んで遊んで寝て甘えて
いつものように夜、枕の横で一緒に眠りにつきました
ぐっすり寝ていたのですが朝方4時ごろ突然とても力強く大きく2回にゃーんにゃーんと鳴いたので
驚いて飛び起き抱き寄せた腕の中でそのまま逝きました
心臓が止まる時苦しくて大きな声が出たのかもしれず
その時を思い出すと苦しいのですが一瞬の出来事だったと思います
旅立ちのお知らせのようでした
 

19歳とは思えぬ美貌と健康で大きな体に
もしかしたら25,6歳ぐらいまで生きてくれるんじゃないかと密かに期待していました


一緒に過ごせる時間はあとどれくらいなんだろう
後悔のないように幸せに過ごしてもらおうと
ギンちゃんは他のニャンズ達には悪いんだけどね、特別に大切に大切にしてました

でもギンちゃんの年齢を考えると1日1日がご褒美のような時間で
夜は今日も1日何事もなく一緒に眠れることに感謝して
朝は目を開ければ枕の隣でお腹を静かに上下させて寝息を立ててることに感謝して起き
毎日毎日ギンちゃんから愛しいギフトをもらいありがとねー愛してるよと何度も撫でてできる限り側にいました
目が会うだけでゴロゴロ、寝ていても側に行けば気配でゴロゴロ
抱きしめれば身体全部でゴロゴロ嬉しそうに身を寄せてきた愛しい愛しいギンちゃん

幸せすぎて、でも儚げな時間で毎日少し泣きそうな気分でした

猫神様 まだギンちゃんを連れて行かないでください
もう少しだけ側にいさせてください
でもギンちゃんが痛い辛い思いをするなら無理させないでください 
って心の中の神様にお祈りして折れそうな心を奮起させていました


ギンちゃんがいたからこそ頑張れたし、今も頑張れてます

陽だまりのような優しいギンちゃん愛してる ありがとう

IMG_20150903_090724.jpg















秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。